渡島のひぐま
MENU ヒグマと出会わないために 〜レジャーでのヒグマルール〜
豊かな北国の自然  
ヒグマはどんな動物か  
ヒグマと地域のくらし  
ヒグマと出会わないために

出会わないのが一番

ヒグマに出会ったら

ゴミは絶対にダメ

  ヒグマの足跡

  ヒグマのフン

  その他の痕跡

ヒグマの出没・被害対策
ヒグマデータの解説
用語集
トップページ
森のヒグマのお話し こども向け
  入林手続き
  お問合せ
  関連リンク集

お問合せ
北海道
北海道渡島総合振興局
保健環境部環境生活課自然環境係
〒041-8558
北海道函館市美原4丁目6の16
TEL 0138-47-9439
FAX 0138-47-9205

一部コンテンツにFLASH形式を使用しています。
ヒグマに出会わない渡島半島地域のほぼ全域に生息するヒグマですが、実際にヒグマに出会ったことのある人はそれほど多くありません。このことは、ほとんどのヒグマが人には会いたくないと思っていて、人に見つからないよう隠れてしまうためと考えられます。しかし、一たびヒグマに出会ってしまった場合には、重大な結果を招く危険性もはらんでいます。ヒグマの生息地で、山菜採りやキノコ狩り、釣り、キャンプなどのレジャーを安全に楽しむためには、まずヒグマに出会わないようにすることが肝心です。

ヒグマと出会わないのが一番 ヒグマに出会ったら
ほとんどのヒグマが、人と出会わないよう用心しながら活動しています。そこで、ヒグマに早く気付いてもらえるよう、また、人もヒグマに出会わないよう用心することが重要です。 もしもヒグマに出会ってしまったとしても、決してあわててはいけません。まず、落ちついて状況を判断しましょう。
ゴミは絶対にダメ ヒグマのフィールドサイン
ヒグマに出会わない用心が効かない場合があります。積極的に人に近づいてくる危険なヒグマもおり、この一因と考えられるのが、ゴミです。

今いるところがヒグマの活動範囲であるかどうかは、ヒグマの活動の痕跡「フィールドサイン」でもわかることがあります。


画面先頭へ移動
©北海道渡島総合振興局 保健環境部環境生活課自然環境係