渡島のひぐま
MENU ヒグマと出会わないために 〜レジャーでのヒグマルール〜
豊かな北国の自然  
ヒグマはどんな動物か  
ヒグマと地域のくらし  
ヒグマと出会わないために

出会わないのが一番

ヒグマに出会ったら

ゴミは絶対にダメ

  ヒグマの足跡

  ヒグマのフン

  その他の痕跡

ヒグマの出没・被害対策
ヒグマデータの解説
用語集
トップページ
森のヒグマのお話し こども向け
  入林手続き
  お問合せ
  関連リンク集

お問合せ
北海道
北海道渡島総合振興局
保健環境部環境生活課自然環境係
〒041-8558
北海道函館市美原4丁目6の16
TEL 0138-47-9439
FAX 0138-47-9205

一部コンテンツにFLASH形式を使用しています。
ヒグマと出会わないのが一番
ほとんどのヒグマが、人と出会わないよう用心しながら活動しています。そこで、ヒグマから早く気付いてもらえるよう、また、人もヒグマに出会わないよう用心することが、不用意なヒグマとの出会いを回避することにつながります。

クマよけ鈴
クマよけ鈴の例:「クマよけ鈴」には音の大きなものを選びましょう。また、常にゆれて音が出る位置に装着します。

音を出す
音を出すことで自分の存在をまわりに知らせる工夫をしましょう。
大きな音の出る鈴やラジオをつけて歩くことは有効ですが、渓流沿いなど周囲の音でかき消されてしまうこともあります。そのような場合や見通しの悪い場所では、ホイッスル(笛)を吹いたり、また、何も持っていなくても「おーい!」とか「はい!はい!」と大きな声を出すだけでも十分効果は期待できます。

朝夕や天候の悪い日の行動を避ける
早朝や夕方はヒグマの行動が比較的活発になる時間帯ですから、ばったりヒグマに出会う確率は、他の時間帯に比べると高いといえるでしょう。さらに、この頃は薄暗くなっていて、まわりの様子が見えづらいことから、もしヒグマがいた場合に発見が遅れてしまう心配もあります。また、雨や霧、強風など天候の悪い日も、人とヒグマの双方でお互いの発見が遅れ、出会う確率が高くなるといえます。

ヒグマ対策ゴミ箱
ヒグマ対策ゴミ箱:ヒグマが扉を開けたり、ひっくり返したりできないよう取っ手に工夫がされた頑丈なゴミ箱です。ヒグマは力が強く、手先も比較的器用なので、通常のゴミ箱では倒されて壊されたり、扉を開けられてしまいます。
臭いの出るものを身近におかない
キャンプなどでは食料品を山野に持ち込んだり、また生ゴミが出たりする場合があります。これらは、ヒグマにとって魅力的な臭いを発し、ヒグマを引き寄せる原因となることがあります。テントなど身近な場所には、食料品や生ゴミを置かないよう、ヒグマが手の出せない高い場所につるしたり、臭いの出ない状態にして離れた場所に保管するなどの工夫をしましょう。頑丈なゴミ箱が用意されている場合は、こまめにゴミを運搬するとよいでしょう。

ヒグマの出没情報やフィールドサイン(痕跡)に注意する
ヒグマの出没を知らせる看板のある場所やヒグマのものと思われる足跡やフンなどが見つかった場所は、そこが実際にヒグマの行動圏内であるという点で、他の場所に比べるとばったりヒグマに出会ってしまう確率が高いといえるでしょう。ヒグマのフィールドサイン(痕跡)の見分け方はこちら。


画面先頭へ移動
©北海道渡島総合振興局 保健環境部環境生活課自然環境係