渡島のひぐま
MENU ヒグマと出会わないために 〜レジャーでのヒグマルール〜
豊かな北国の自然  
ヒグマはどんな動物か  
ヒグマと地域のくらし  
ヒグマと出会わないために

出会わないのが一番

ヒグマに出会ったら

ゴミは絶対にダメ

  ヒグマの足跡

  ヒグマのフン

  その他の痕跡

ヒグマの出没・被害対策
ヒグマデータの解説
用語集
トップページ
森のヒグマのお話し こども向け
  入林手続き
  お問合せ
  関連リンク集

お問合せ
北海道
北海道渡島総合振興局
保健環境部環境生活課自然環境係
〒041-8558
北海道函館市美原4丁目6の16
TEL 0138-47-9439
FAX 0138-47-9205

一部コンテンツにFLASH形式を使用しています。
もしもヒグマに出会ったら
もしもヒグマに出会ってしまったとしても、決してあわててはいけません。まず、落ちついて状況を判断しましょう。

遠くにヒグマをみつけたら・・・
あわてる必要はありません。ヒグマの様子を確認しながら、ゆっくりとその場を立ち去りましょう。

走って逃げてはいけません!走って逃げてはいけません!
ヒグマに出会ってしまっても、決して走って逃げてはいけません。
人に出会ってしまったヒグマもびっくりしています。走って逃げる人を見て、ヒグマが興奮状態になり追いかけてくる可能性がありますので、落ちついて状況を判断することが大切です。普通にしていれば、ほとんどのヒグマは立ち去るはずです。

小グマ子グマに近づいてはいけません!
もし子グマを見つけても、決して近づいてはいけません。 警戒心の薄い子グマが人前に出てきただけで、その近くには母グマがいます。
もし、人が子グマに近づけば、子グマを守るために母グマの攻撃を受けるかもしれません。大変危険なので、子グマを見つけても近づかず、すみやかにその場を離れましょう。

クマスプレー
クマスプレー:「クマスプレー」はアウトドアショップ、登山用具店などで販売しています。使用法など詳しくは製品の取扱説明書をご確認ください。

もしもヒグマが近づいてきたら・・・
このような場面でも、決して走って逃げてはいけません。
我慢のしどころですが、落ちついて状況判断をすることが求められます。もしごく近距離まで近づいてきた場合は、トウガラシ成分を含む「クマスプレー」をヒグマに直接吹き付けることで、高い確率で攻撃を回避できることが知られていますが、正しく使用するための知識と準備が必要です。なお、ヒグマに攻撃を受けた場合に、これで完全という対処方法は残念ながらありません。まず、大切なのはヒグマに出会わない用心です。


画面先頭へ移動
©北海道渡島総合振興局 保健環境部環境生活課自然環境係