渡島のひぐま
ヒグマの出没・被害対策 〜ヒグマを寄せ付けない工夫〜
豊かな北国の自然  
ヒグマはどんな動物か  
ヒグマと地域のくらし  
ヒグマと出会わないために  
ヒグマの出没・被害対策

渡島の被害発生傾向

電気牧柵で守る

電気牧柵の設置方法

ヒグマに味を教えない

地域での出没対策

ヒグマデータの解説
用語集
トップページ
森のヒグマのお話し こども向け
  入林手続き
  お問合せ
  関連リンク集

お問合せ
北海道
北海道渡島総合振興局
保健環境部環境生活課自然環境係
〒041-8558
北海道函館市美原4丁目6の16
TEL 0138-47-9439
FAX 0138-47-9205

一部コンテンツにFLASH形式を使用しています。
電気牧柵で守る

電気牧柵設置例
電気牧柵の概念
無事収穫を迎えたデントコーン
電気牧柵に守られ無事収穫を迎えたデントコーン

ヒグマによる被害や出没を防ぐ電気牧柵とは?
電気牧柵はワイヤーに電気を通した柵です。ワイヤーに触れた際に電気によるショック(衝撃)を受けます。この衝撃の恐さをヒグマにおぼえさせることで、柵内へのヒグマの侵入を防止し、食害を受けていた作物などを守ることができます。さらに、電気牧柵による被害防除には、食物を得られなくなったヒグマが、その場所に出没しなくなることも期待できます。

ヒグマへの効果
およそ6,000〜9,000ボルトの高圧の電気をワイヤーに流すので、それに触れたときの衝撃は相当なものです。ヒグマが畑などに近づきワイヤーに触れた際には、ヒグマを撃退するのに十分な衝撃を与えることができます。なお、ワイヤーに流れる電気は、高電圧ですが電流は小さく、ごく短い間隔でパルス状に流れているため、人が触れても家庭用のコンセントで起こるような感電の危険はありません。ただし、大きな衝撃があるものなので、誤って触れることのないよう危険表示板の設置が必要です。

必要な資材
ヒグマ用の一般的な電気牧柵は、高圧の電気を発生させる電気牧柵器、電源となる自動車用バッテリー、アース、電気の通るワイヤーとそれを支える支柱が必要です。その他、必要に応じ危険表示板や出入口用取っ手なども用意します。なお、メーカー毎に資材の名称や形状、使用方法などが若干異なりますので、詳しくは各メーカーにお問い合わせください。

電気牧柵の一般的な資材

用語解説
電気牧柵 | 電圧・電流・パルス状 | 漏電 | デントコーン

画面先頭へ移動
©北海道渡島総合振興局 保健環境部環境生活課自然環境係